FC2ブログ

酒の席

昨日、ちょっと飲み過ぎ、若干グロッキーです。
とゆーのも、昨日はうちの職場に新しく来られた方の歓迎会があったためです。

社会人になると、職場の方や上司との酒の付き合いがあります。


「お酒飲めないのですが、大丈夫でしょうか。」

という質問がたまにありますが、基本的に無茶苦茶させる職場は多くはないはずです。
とゆーのも、飲めない人間に無理やり飲ませて、何かあった場合、その場にいる人間の責任が問われますので。
一般的な良識ある職場であれば、そうそう無茶をさせることは少ないのかと思います。


と、言いつつもセクハラだったり、急性アルコール中毒だったり、その他もろもろ酒の席でのトラブルや事件が多いのも事実です。


職場の人間関係などを円滑にするために、無理して酒の席に出ることもあるかと思いますが、飲めないなら飲めないと、はっきり意思表示をすることが大切かと思います。

それでも、酒を強要されるのであれば、上司やさらに上の上司、また然るべき機関に連絡するのも手ではあると思います。


正直、飲めないよりかは、ある程度飲める方が良いのは事実です。
また、配属先の職場によって、酒の席の空気や頻度が異なるのも事実です。

難しいところではあるのですが、普段の酒の席は欠席でも、忘年会や歓送迎会などのポイントポイントは出席(ノンアルコールでもよいので)するなどの、対策を検討していただければと思います。


あと、最後に私(チームリーダー&新人教育担当者)の話。
・酒の席の幹事は新人にやらせます。
  ⇒ チームメンバーや関係者の名前と顔を覚えられるということと、逆に新人の顔を売ることができる。
    新人の段取りや調整の勉強をさせる。
    人前で話す訓練となる。

・芸や催しはさせない。
  ⇒ そんなことを考えたり、準備する時間がもったいないので。
    無駄なことに時間を費やさず、その時間で業務をさせます。
    ただ、本人がどうしてもやりたいと希望すれば、好きにさせますがw

・フォローはしっかりする。
  ⇒ 当たり前ですが、やらせっ放しにはしません。
    あと、いきなり幹事ではなく、1~2回は普通に参加させ、うちの職場の空気を見せてから、幹事をさせます。


こんなところでしょうか。
ちなみに、昨日は私が幹事でしたw
スポンサーサイト



テーマ : 就職活動応援
ジャンル : 就職・お仕事

ITシステム系オススメ求人サイト

プロフィール

ワラビ

Author:ワラビ
職業:SE(システムエンジニア)
立場:係長
分野:金融システム
学歴:某専門学校システムコース卒業
趣味:テニス・ゲーム
資格:テクニカルエンジニア(DB)・ソフトウェア開発技術者・第一級陸上無線技術士・電気通信主任技術者etc

最新記事
最新コメント


最新トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリ
ワラビ’S リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示


リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布
QRコード
QR